ここでは、戦術:バランスについての知っ得情報をお届け~します。

Ⅰ、戦術:バランスの作り方と応用
Ⅱ、戦術:バランスの特徴

について語らせていただきます。

Ⅰ、戦術:バランスの作り方と応用

チーム編成画面の戦術設定を選択してもらうと大きく以下の戦術を決めることが出来ます。
戦術バランス

①攻撃タイプ
攻撃タイプ1
②ビルドアップ
ビルドアップ2
③攻撃エリア
攻撃エリア3
④守備タイプ
守備タイプ4
⑤プレッシング
プレッシング5

戦術:バランスを作るためには、
②ビルドアップ:ロングパス
④守備タイプ:フォアチェック
⑤プレッシング:アグレッシブ
を選べば良いです。

ここからが、応用です。
自由に選択できる、攻撃時の戦術
①攻撃タイプ
③攻撃エリア
についてです。

これらは、実際に自分のチームに当てはめてみないと、どれが合っているのかわかりません。
対戦相手によって、変えていくのも良いと思います。
因みに私が見ていて楽しいのは、
①攻撃タイプ:カウンター
③攻撃エリア:中央
です。
もっぱら、こいつを指示して、楽しませてもらっています。
(速攻も遅攻もしてくれます。遅攻の場合、両サイドバック上がりまくるので、注意!ボールポゼションは低いです。)

Ⅱ、戦術:バランスの特徴

戦術:バランスにすると、守備時は、積極的にボールを追いかけ、攻撃時は、様々な攻撃パターンを見せてくれます。
先に書いたように①攻撃タイプと③攻撃エリアに自由度が設定されているのも、理由のひとつです。
ですので、選手個々の能力が高い場合に、この戦術:バランスを用いるとより効果的だと思います。
いろんな攻めに関する引き出しがあるので、常勝につながるはずです。

追記

⑤プレッシングも自由に選べます。
また、④守備タイプ:リトリートでも①攻撃タイプポゼッションであれば、戦術はバランスになります。



(どんな記事が参考になるのかリサーチしています。参考になったと思われた方は、
↓拍手ボタンをお願いします<(_ _)>)
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)